『借金』に関する"アルアル体験談"

『借金』で辛い思いをした体験談告白

妻がしていた借金!買い物依存症で¥50万¥

31歳の男性、仕事は広告関係の会社で営業職に就いています。現在は離婚して一人暮らしをしており、恋人もいない状態です。これからお話しする妻との間には子どもはいませんでしたので、今振り返ると随分あっさりと離婚したような気がします。

離婚の原因はズバリ、妻の金銭感覚と危機感の無さにありました。借金の存在が判ったのは、結婚2年目に入ったくらいの頃です。身に覚えのないカードローンの封筒が自宅に届いており、宛名には妻の名前が書かれていました。

そしてこれは何だと問いただすと、実は借金をしていますと言うのです。その金額は、驚くことに50万円もありました。

 

重くのしかかる借金

当時私たちは共働きをしていましたので、返せるなら妻のお給料から全額返したかったです。しかし50万円となるとさすがに妻の月収だけでは足りず、では貯金を切り崩して返すのかと叱った記憶があります。すると妻からは、「もう貯金もありません。」という衝撃の言葉が返ってきたのです。

元々私と妻はそれぞれ別々に貯蓄をしており、結婚前はお互いいくらまで貯めてどこどこへ行こうなどという会話もしていました。少なくともこのときは、150万円ほど貯金があったはずです。それも結婚2年目にして全て消え去ったわけですから、開いた口が塞がりません。

 

妻は買い物依存症でした

気になるのは、その使い道です。聞くところによると、妻は自らの収入のほとんどを買い物に費やしていたそうです。それからゲームアプリへの課金、友人とのランチ代、ここにも月5万円近く出費していると言いました。

基本の生活費は全て私が負担していたため、ずっと浪費している妻の姿にも気付けなかったのです。ちなみに買い物で購入した品は、妻の実家に送っていました。要は何を買うかというよりも、何かを常に買いたい欲求に勝てなかったのだと思います。

だからこそ購入した商品には執着せず、同じ失敗を繰り返していました。何故妻がそうなってしまったのかと共に、買い物依存の怖さを思い知らされたような気がします。以降は徹底して、妻の監視と節約生活です。

一先ず私の貯金から一括して返済しましたが、このままではまた新たな借金をする可能性もありました。色々と目標を立てて積み立てていた貯金も減り、私も精神的に随分参っていたように思います。

 

価値観が合わず離婚しました、、、

もちろんこうした夫婦生活を送っていても、お互い仲良く過ごせるわけがありません。妻のことを見張るような真似もしたくなかったですし、妻自身も毎日気まずそうにしていました。結局この生活環境が原因で夫婦らしくいられなくなり、私たちは離婚することとなります。妻の借金が判ってから、半年ほどが経った頃でした。

そのため現在は独身、妻もほぼ実家暮らしに近い独身生活を送っています。離婚を決めてからは早かったものの、あれだけ好きだった妻とこのような形で別れるのはあまりにも寂しかったです。ですから私が肩代わりした借金の金額もチャラにし、良い再スタートを切れよと送り出しました。妻には、是非立ち直ってもらいたいものです。

この経験を通じて、自分の夫としての未熟さにも気が付きました。妻が買い物依存になったのは、私が仕事で忙しかったからというのもあると思うのです。結婚前はちゃんと貯蓄ができる人でしたし、妻の変化の原因を辿るとそこには私がいるのかもしれません。

また、もっと妻のことをよく見ていれば良かったとも思います。そうすれば、少なくとも貯金が費える前に手を打てたはずです。借金をした事実ばかりを責めていても仕方がないのだと、この経験を通じて学びました。妻だけの問題ではない、そのことを肝に銘じて、また結婚をする機会が訪れた際には糧としていきたいです。