『借金』に関する"アルアル体験談"

『借金』で辛い思いをした体験談告白

『元彼のせいで借金』安定していた職を辞めて彼の元で生活しましたがあっさりと振られてしまいました

私は42歳で会社員をしています。現在は借金は完済したのですが、数年前に150万の借金をしたことがあります。借金をする前は、テレビで消費者金融のCMを見かける機会がありましたが、まさか自分が借金する時が来るなんて、思いもよりませんでした。

“彼の言う通りに仕事を辞めましたのが運の尽き”

当時、結婚を前提に交際していた彼氏がおりまして、その方は裕福でまだ結婚していないにも関わらず、私に「仕事を辞めて欲しい」と言い、まだ仕事を続けたかった私と意見が食い違っていた為、話し合いの末に私は仕事を辞めました。安定して待遇面の恵まれた会社でしたので、本当は辞めたくなかったのです。それから、ずっと彼氏に養ってもらっているような日々でした。
しかし、喧嘩のもつれで私はアッサリとフラれてしまいます。当然の流れで彼氏のマンションから出ていく形になり、これが借金をつくることになった最大の原因です。フラれたことで、急に引っ越しや職探しをすることになりましたが、まだ景気が回復したとは言えない時期で中々良い仕事が見つかりませんでした。色々探した後、契約社員のお仕事をすることになりました。
引っ越し費用や敷金・礼金、家財道具等の費用は、その元彼氏が出してくれたのですが、毎月の家賃や光熱費、食費等を支払うと毎日の生活はカツカツ。
オフィス街にはランチが食べれるお店がたくさんあるというのに、こっそり安い菓子パンひとつでお昼を済ませたり夜は白米に梅干しひとつの日も多くありました。ボーナスは雀の涙ほど(数千円)しか出ず、生活サイクルを改善するには到底及ばない金額でした。

“借金する日が来てしまった”

そして、ついに借金をするしかなくなってしまったのです。自分は堅実に生きていくタイプだったのに、安定した会社を辞めさせた元彼氏に対して憎しみが生まれました。しかし、恨んでも仕方がないし、と前向きに生きました。借金は毎月返済しても、一向に元本が減らず焦りが生まれました。
毎月の固定生活費は必ず掛かる、長くコツコツ返しても減らない、ボーナスはほぼない、もうかなり厳しい、情けないと思いました。そこで、元彼氏にプレゼントして頂いた眠ったブランド品の数々がある事を思いだし、買取り専門店で売却したら50万ほどになりました。捨てようと思っていたけど、捨てなくて良かった・・・と心底思いました。

“借金の理由は人それぞれですね”

そして後に正社員になることが出来たので、ボーナスで数回に分けて返済し、やっと借金を完済することが出来たんです。今は借金をしない生活を送れていますが、必ずしも、買い物依存やギャンブル等で借金してしまった人ばかりではないんだなと勉強になりました。