『借金』に関する"アルアル体験談"

『借金』で辛い思いをした体験談告白

『借金してわかった!』人生を転がり落ちたことでわかる生きる素晴らしさ


私は40歳で物流関連の仕事をしています。元々借金は150万あり、現在は借金の残額が約100万程になりました。

“打ち込むパチスロ・落ち込む体調”

借金を作った理由としましては、精神的な病気にかかってしまい自暴自棄になり、パチスロにのめり込み毎日打たないと気が済まない状況に陥りました。パチスロで負けると心がかなり落ち込み止めればいいものを、次は勝てると思いろくな攻略法もないまままた打ちに行く始末でした。借金によって朝昼飯は抜き不摂生な生活を送るはめになり、病気が悪化するばかりでした。
タバコや酒も量が増え毎日酒は浴びるほど飲んで友達に一緒に飲もうと声をかけても、相手にはしてくれませんでした。余計に酒の量が増えました。自分の中では落ちるところまで落ちたなと思い、一時期は仕事もクビになったりもしたので目の前の現実から離れたい一心でした。

“定職にも就き回復方向へ”

しかしそんな辛い生活を送ってましたが、現在は社会生活を無事に送れるようになり定職にも就き真面目に生きていけるようになりました。病状も回復しカルチャースクールに通ったり、ボランティア活動に参加したりと生きていることの楽しさを噛みしめております。
でも現在の状況になるまで5年程時間がかかりました。家族や友人からの信用を失い、会社もクビになったり働いても長続きせず体調を崩し辞めてしまうこともありました。今は信頼を取り戻す為に借金をコツコツ返しながら、以前の生活に戻れるように努力をしています。失ったものは完全には取り戻せないかもしれませんが、前に進むしかありません。
まだ残りの100万を返している段階ですが、何とか完済まで頑張っていきたいと思います。

“ポジティブに考えられるようになりました”

今回借金をしたことによって多くの教訓を得ましたが、一番は自分自身の甘さにあるとおもいました。仕事が原因で精神病にかかりましたが、もともと一回何かにはまるとのめり込むところがあり、現実逃避しても何も状況は変わらずむしろ悪化する一方でした。甘えがあるから自分に適当な言い訳を作り借金をATMの自分の貯金のように下ろしては使いの繰り返しでした。自分の精神面、生活面が泥沼化していましたが、底辺が見れた分落ち着いて自分がどんな状況におかれどうすれば現状を打破できるかを、冷静に分析できるようになりました。今はどうにかなると、ちゃんと毎月借金を返せている分ポジティブに物事をとらえられるようになりました。生きていることがすばらしいと感じもっと稼いで早く借金を返せるようになりたいと思っております。