『借金』に関する"アルアル体験談"

『借金』で辛い思いをした体験談告白

『株で失敗で借金』総額300万なんてどうすりゃいいんだ


私は、現在54歳を迎えた会社員ですが、多額の借金に追われており、思い切り返済に困っているところです。「借金なんてだれでもある!」と思う人もいるかもしれませんが、私の場合は総額で約300万円という多額の借金に悩まされています。
消費者金融業者やクレジットカード会社、銀行などの金融機関が直ぐに私に融資をしてくれるからこんなことになってしまうと逆ギレしたくなるような状況に陥っています。

“信用取引きは追加資金が急に必要⁈”

借金生活にハマってしまった原因については、友達からの誘いで始めることになった、株式投資の信用取引が原因です。以前から株式投資には興味があり、取り組んできましたが、いずれも現物株式投資だったため、急にお金が必要になることはありませんでした。
将来の値上がりが予測できる銘柄を購入して、値上がりするのを待つというのが、現物株式投資です。しかしながら、信用取引となるとだいぶ勝手が異なります。いわゆる、レバレッジがきいているため、相場の動向次第では、追加で資金をつぎこまなくてはいけなくなるのです。
私の場合、予想と反する方向に相場が展開してしまったために、慌てふためくことになってしまいました。正直いって、昔から預貯金をするタイプではないため、追加証拠金を用意するために、金融機関からお金を借りまくることになってしまうことに。

“借りたお金は自分のものと勘違い”

借金を抱えることになっても、当初は私自身の生活ぶりはそれほど大きく変わることはありませんでした。「あればあるだけ使ってしまう」という悪い癖は直っていません。とはいえ、借金が250万円を超えるようになってからは、かなり、焦りを感じるようになっています。
毎月の返済金額の合計は10万円を超えるまでになってしまい、手取り給料の半分近くにまでのぼる勢いです。とりあえず、勤続年数が長いため、ボーナスがある程度もらえるため、それを返済に充てることでしのいでいます。

“毎日スリルを感じプラス思考へ”

現在の状況についても、決して予断を許さない状況といえるのではないでしょうか。給料日には、どんなに忙しくても、借入をしている各金融機関に返済金額を振り込むようにしており、何とか生活を成り立たせている状況です。私自身、幸いにも独身であるということが、このような借金生活を続けていられる要因です。
多額の借金を抱えることから学べることというのは、決してネガティブなことばかりではありません。毎日の生活に緊張感が生まれるという点については、プラスとも感じています。そして何よりも返済費用は何が何でも確保しようとする気持ちが芽生えたのです。