『借金』に関する"アルアル体験談"

『借金』で辛い思いをした体験談告白

『生活費で借金』 返済能力もなくなり自己破産へ


私は45歳、会社員で借金していた頃の金額は300万円で、借金を作ってしまった理由としては、私の生活のためや衝動買いが最大の理由となってます。多くの消費者金融から借り入れをしていたことから、毎月、給料が振り込まれても返済に当てる金額が多く、生活が苦しくなっていたのです。

“繰り返しの借金 繰り返しの催促電話”

生活が苦しくなって、また借金をするなど積み重なって、300万の借金をすることになってしまったのです。借金の返済が出来なくなった時には、あらゆる所から、催促の電話やはがきなどが届くようになってしまい、返済のコントロールが出来ない状況になってしまったのです。
毎日電話がかかってくるものは借金の催促の電話で、ある会社では、脅迫の電話もあったのです。私は、心もずたずたにされて、精神的にもかなりのダメージをうけて、うつ病になってしまったこともあります。会社にも借金の取り立てが来るようになり、会社を首になってしまったのです。

“裁判所に自己破産手続きへ”

とりあえず、今の状況を整理しようと思って、裁判所に行って自己破産の手続きを行うことにしたのです。手続きには、書類に書いたり用意しなければならないものがあったので、それを準備して申請をすることができたのです。裁判官と別室で話す機会が設けられ、反省文を書いてくるように指示をされたので、後日それを持って再度裁判所に行くことになったのです。
手続きを行ってからは、借金の返済をしてはいけないことになっていましたので、裁判所からの決定を待つことになったのです。あの時に書いた反省文を元に考慮して決定されるとのことでしたので、2週間ほどポスト投函されるまで、毎日見て確認する日が続いたのです。
結果としては、免責が下りたので借金はなくなったのですが、数年間はクレジットカード、カードローン、借り入れなど出来ないことになってたのです。現在は、借金もゼロになって、一からスタートをしているので、今現在でも借金をすることはなく、普通に生活をすることが出来ています。

“借り入れしやすい今の世の中に注意を”

この借金の体験で学んだことは、お金が足りないからと言って、軽々しく借り入れはしないことです。消費者金融では、無人の所が多いので利用しやすく、審査も甘いので借り入れがしやすいですが、返済のことを考えないと、自分が苦しむだけなので注意が必要です。一度、消費者金融を利用して大金を手に持つと、そのお金が自分のものと思ってしまうことがありましたので、借り入れ癖がついてしまうこともあります。借り入れをしたことはすべて自分の責任になりますで、自分で最後まで返済をするなり、任意整理をするなり、自己破産をするなりして解決をさせることが必要です。