『借金』に関する"アルアル体験談"

『借金』で辛い思いをした体験談告白

『珍しい妻の借金』過剰までの日用品や子供服の購入


自分は現在30代後半で妻と子供2人、長女、長男と妻の親と妻の親が建てた家に暮らしています。仕事はというと、自分は会社員で、妻はパートにでています。参考
自分が妻の借金に気づいたのは、妻に持たせて自由に使わせているクレジットカードの支払いが毎月多くなっているということからでした。妻には現金がなくても困らないようにクレジットカードを持たせているのですが気づけば50万円以上使い込んでいました。

“クレジット引き落とし口座で残高不足”

そのことに気づくまでは毎月クレジットカードの支払い額をチェックしていたわけではないので、妻が生活に必要なものを買ってくれている、必要なときにクレジットカードを使って買い物してくれているんだろうなと思って特に気にもとめていませんでした。
なのですが、なぜか毎月だいたいこのくらいかな?と思って引き落とし口座にお金を入れておくのですが、それが足りないことが頻繁におきるようになったのです。最初は今月はいろいろいることがあったのかなと思い足りない額を出して入金していました。
しかし、月が重なるごとに、毎月足りない、額が増えている?と思うようになり、明細を調べてみると子供用品のお店での支払いが異常に高くなっていることに気づきました。

“妻の購入していたものに唖然”

妻にこの事を聞くと、「だって、子供にいいものを着せたいし、菌とかも心配だからいるものがたくさんあるのよ!」と言われました。妻が浪費していたものは子供の服や除菌剤、そんなものでした。
自分としては、なにか妻のもので浪費していたのではないかと少し思っていたので、なんとなく拍子抜けしてしまい、今後はできるだけあるもので済ませて、買いだめとかもしなくていいからと言い、今は50万貯まっていった借金は少しずつ減っています。
この事があってからやはりクレジットカードの明細は毎月チェックして、日用品や日頃使うものであっても要らないものや必要以上に買いだめたりしないように気をつけていく必要があるなと思いました。

“私とって予想外の経験でした”

なにか自分が思う借金は、高価な指輪とか装飾品だったりバックとかだったりブランド品とかを妻が勝手に買って、どうしてかと問い詰めると子育てのストレスで…とかっていうのが自分の考える勝手なストーリー展開でした。
今回のような子供のものを不必要に買ってしまうこともあるんだなということがわかり、まあこんな借金なら妻のほうも子供を思ってのことだし、微笑ましい借金の部類にはいるのかなと思って、全く腹はたちませんでした。